Denture

入れ歯・義歯


入れ歯治療を受けられる皆さまへ

〜すべては患者さまと共に〜

 
当院では、義歯治療において患者さまがご自分の歯のように義歯を安心してお使い頂けるよう、日々研鑚し、最新の治療を提供できるよう努めております。
また、皆さまが義歯をうまく使えるお口の状態にしていただくため、口内マッサージや顔面の筋肉体操、舌の体操をアドバイスさせていただいていております。 
このように、皆さまが義歯を使いこなしていただくためには、患者さまを含め、義歯にかかわるスタッフ全員でチームを組み、最善の義歯を作っていく必要があると私たちは考えております。
 

<かみや歯科の入れ歯治療の特徴>

  • 咬み合わせに重点をおいています。 
  • GOA(ゴシックアーチ描記法)を用いて、顎や、筋肉の動き、咬み合わせを診断します。
  • 大きすぎない義歯、薄くて、軽い義歯、心地よい義歯を目指しています。
  • 見た目のよい審美義歯を作ることができます。
  • 義歯に満足がいくまで、徹底的にお付き合いします。
  • 義歯定期健診を13カ月毎に行っています。
  • 義歯専門の歯科技工士さんと提携しており、よりよい治療を目指しています。

 

入れ歯治療の流れ

来院回数   治療内容
1回目   お口全体の型取り
2回目   噛み合わせ診断 <ゴジックアーチ描記法>
3回目   前歯の仮合わせ
前歯の歯並びは重要なため、回数が2回かかる場合もございます。
4回目   奥歯の仮合わせ・精密な型取り
シリコン印象材で精密な型取りをします。
5回目   義歯完成・ゴシックアーチ
完成された義歯の噛み合わせ調整をします。そのため義歯をお預かりします。
6回目   調整された義歯をお渡し使用して頂きます。
7回目   義歯調整
義歯の調整は、きちんと噛めるようになるまで何度でも行います。

 

いつも快適に義歯生活を送るための方法

自 宅 毎 日   ・口内マッサージ
・筋肉体操
・義歯洗浄
医 院 月1回   ・義歯調整
・噛み合わせ調整

誰でも入れ歯にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。良く知られている入れ歯の種類は、歯の一部が残っていてそれに留め金をかける部分入れ歯、歯が全く無いときに使う総入れ歯です。部分入れ歯、総入れ歯共に、使う材料や留め金の種類によってさまざまな物があります。
入れ歯は痛くて噛めないとか、入れ歯は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯の評判は世間的に良くはありません。しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯は、金属のバネがないため入れ歯であることがわかりにくく、見た目がとても美しくなります。また、残った歯を痛める事が少なく、金属アレルギーの心配もありません。従来の入れ歯では満足出来ないという方へお薦めしています。 

従来の入れ歯との比較

ノンクラスプの入れ歯

金属のバネがなく、素材が半透明なので入れ歯であることがわかりにくく、境目も目立ちません。材質は、 スーパーポリアミドというナイロン系の素材でできているため、薄くて軽い仕上がりです。また、弾力性の高い素材を使用しているため破折にも強く、残った歯を痛めることが少くなっています。

従来の入れ歯

金属のバネがあり、見た目ですぐに入れ歯を使用していることがわかってしまいます。従来の素材で作るためバルプラストの入れ歯に比べ重く、破折にも弱く、金属のバネの負担により残った歯を痛める場合があります。

フィンデンチャー

フィンデンチャーはやわらかいヒレのついた快適性に優れたユニークな入れ歯です。入れ歯の周りを囲んだヒレ状のやわらかいシリコン(フィン)で歯ぐきにぴったり吸着し異物感も少なく食事ができます。

フィンデンチャーの特徴

噛める!

シリコンのフィンで歯ぐきに吸盤のように吸着し入れ歯の転覆がおきにくくなっております。その効果で、従来のプラスチックの義歯より顎に吸着します。

痛みが出にくい!

シリコンのフィンで歯ぐきに吸盤のように吸着しているため、がたつかず、入れ歯の内側がゴム状でやわらかいので、歯ぐきに痛みが出にくくなっています。
痛みが出た場合は、ゴム(シリコン)部分の長さを簡単に調整できます。

古くなっても快適!

半年に1度のゴムの交換で、年数が経っても快適にご使用いただけます。

ご注意
毎日の洗浄をしっかり行えば、シリコンは1年程もちます。逆に、洗浄をおこたるとゴムの劣化が早くなります。

コンフォート義歯

コンフォート義歯は、入れ歯の歯ぐきにあたる部分を生体用シリコーンで覆います。生体用シリコーンの柔軟性が「痛い」「噛めない」「外れやすい」と言う悩みを解消し、以前よりしっかりと噛めるようになります。また、変質や劣化に強く柔らかさが長期間持続します。

コンフォート義歯の特徴

歯ぐきを守る!

コンフォートは歯ぐきの座布団。硬い入れ歯と歯ぐきの間でクッションの役割を果たし、デリケートな歯ぐきをやさしく保護します。

痛みをやわらげる!

コンフォートは入れ歯の歯ぐきにあたる部分を生体用シリコーンというクッション材で覆うため、歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだ時の痛みをやわらげます。

外れにくい!

生体用シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに発生するアゴの横の動きにも抜群の吸着性を実現します。